• オウンドメディアのSEO戦略構築・制作から運用サポート

TOP>オウンドメディア事例第4弾「藤倉ゴム工業株式会社様」
Knowus

企業説明

 

藤倉ゴム工業株式会社様は、各種工業用ゴム部品の他、空圧制御機器、除振台およびその周辺機器、
印刷機材、電気・電子機器、救難救命具等産業資材、ゴルフ用カーボンシャフトの製造販売等
様々な分野で幅広く事業を展開されている製造メーカー様になります。

 

ゴルフ用カーボンシャフトにおいてゴルフ情報メディア「Golfista(ゴルフィスタ)」を運営されています。

ゴルフ初心者から上級者までゴルフライフを楽しめる情報や話題のクラブ・シャフト、
上達するためのレッスンネタからファッションやグッズ、モテネタまで見応え満載の記事が多数掲載されています。

 

課題、施策

 

・エンドユーザーにもっとゴルフクラブの事を知ってもらいたい。

 

ゴルフ人口900万人のうちクラブにこだわりを持ってプレイされている方は1割の90万といわれています。
その中で自社の売上を伸ばしていくには残りの810万人のプレイヤーにこだわりをもっていかなければなりません。

もっとエンドユーザーに対して情報を提供しなければ売り上げは伸びていかないと藤倉ゴム工業様は考えられました。

 


 
今まではシャフトの販売を促進するために情報や商品サポートを販売店向けに行っていましたが、
販売店にとって商品が売れればメーカーにこだわる必要はありません。

 

販売店に任せていては啓蒙活動の効果が薄いと考られ、どうにかして直接お客様とコミュニケーションを

とることができないか考えられていたためスターティアラボでfacebookを活用するよう勧めさせていただいてました。

 

 


しかしfacebookはインタラクティブ性と拡散性にすぐれているが拡散される範囲が
「いいね」をしている人にまでしか広がりようがなくなっていると弊社コンサルタントは感じていました。

そこでオウンドメディアを活用することにより、今までは獲得できなかった検索エンジンから

情報を調べているユーザーにもアプローチが可能になるようオウンドメディアを始めていただきました!

 

またコーポレートサイトでは商品情報やそれに関連する専門性の高い情報しかだせませんでしたが

もっと簡単なロングテールキーワードでの集客を可能にするため
オウンドメディアではライトなユーザー向けに情報を発信していくよう勧めさせて頂きました。

 

どのようなペルソナ設計を行ったのか

 

ゴルフ人口900万人のうち30代以下のプレイヤーと40代以上のプレイヤーの2つの層に分けた時、
母数として多いのは40代以上の方だと藤倉ゴム工業様とのお話で弊社コンサルタントは仮定していましたが

あえてペルソナの設計を30代以下の若い方にしました。

そもそもオウンドメディアは情報を発信するWebサイトです。
つまり「Golfista」を見て頂けるユーザーと言うのは普段からWebで情報を得ている人になります。

このように考えると40代以上の方は確かにゴルフをプレイされている人口は多いかもしれません。
しかしゴルフをプレイしていて尚且つ普段からWebから情報を得ている人口は多くはありません。

それに比べ30代以下の場合であればどうでしょうか。
ゴルフをプレイされている人数は40代以上の人口よりは少ないですが
ほとんどの方がWebで情報を得ていると考えてもおかしくはありません。

そう考えた時もしメディアサイトを運営した時最大の効果を得られるのは

30代以下をターゲットにした時だと言うことが仮設できます。
そのため弊社コンサルタントはパソコンやスマートフォンの知識がある若い方をペルソナ設計としました。

 

 

 

またシャフトにこだわりを持つような方ではなく、上司の付き合いで行ったりする
比較的年齢も若いライトなユーザーが訪れてくるとペルソナ設定を行ったため、

・どんな女性ゴルフプレイヤーが男性からモテるのかアンケート調査の記事

 


・最近のゴルフバックの紹介や服装マナーとドレスコードなどのファッションやグッズ系の記事

 

 


・「ゴルコン」でモテル女性になるためのNG行動についてのモテネタ系の記事

blog_hockey_150130_img02.jpg

 

など様々な人が楽しめる記事を多く掲載しています。 

その後自然と「ティーの選び方のポイント」、「クラブやシューズをなるべく長く綺麗に使うお手入れのコツ」などの

ゴルフノウハウやゴルフクラブの記事に興味をもってもらえるようなメディアサイトにしました。

 

 

是非一度ご覧ください。

導入企業さまの様々な制作実績をご紹介しております。

オウンドメディア制作実績へ

お気軽にご相談ください。

0120-919-901

お問合せフォームはこちら

Comments